試合速報

2018年4月21日 (土) 16:03

日産ス アクセス

HOME

横浜FM

4

試合終了
3 - 4
1 - 0

4

AWAY

湘南

試合レポート試合トップ

前半戦レポート

 今季2度目の神奈川ダービー。2年ぶりに湘南ベルマーレと対戦する。連敗ストップと今季リーグ戦ホームゲーム初勝利を目指すF・マリノスは、前節とスタメンを3人入れ替え、MF大津、FWにヴィエイラとユン イルロクを起用。また水曜日のルヴァンカップに出場している山田と仲川が、今季リーグ戦で初めてサブメンバーに名を連ねた。
 湘南のキックオフで始まった試合、まず立ち上がりはF・マリノスが先手を取り、2分・山中のクロス、4分・天野がラストパスを狙う。しかし8分に湘南が反撃。強烈なミドルシュートは飯倉が右に飛んで防いだが、その直後、サイドからのクロスがDFに当たってオウンゴールに。
 先制されたF・マリノスは、10分・ヴィエイラのドリブル、13分・天野の直接FK、17分・大津のミドルシュートなど攻勢を重ねるも、フィニッシュには届かない。
 しかしペースを握ってオフェンスを続けたF・マリノスは27分、ブマルのラストパスをヴィエイラが右足シュート。これが左スミに決まって1-1の同点に。
 ところが追いついたのもつかの間、その1分後には、湘南が速い攻めからゴールを奪って勝ち越す。再び1点のビハインドとなったF・マリノスは、36分・38分と続けてブマルがラストパスを送るなど湘南ゴールに迫る。
 F・マリノスの流れかと思われたのだが、41分、またも湘南が鋭い反撃からゴールを奪い、3-1となる。
 リードを2点に広げられたF・マリノスは、すぐに相手陣内に攻め込み、44分にヴィエイラが連続ゴールを奪う。2点目はユン イルロクのパスを右スミ、3点目は山中のクロスをこれも右スミに決めたものだった。F・マリノスは、ヴィエイラのハットトリックで3-3に追いつく。
 しかし激しい点の取り合いとなった前半は、これで終わらなかった。アディショナルタイム、湘南が、またも勝ち越す。これで3-4。前半は1点のビハインドで終了。

後半戦レポート

 F・マリノスは選手交代を行い、ブマルに代わり、水曜日のルヴァンカップでチャンスメークなどで活躍した仲川がFWに入りスタート。序盤から湘南陣内にボールを運んで連続攻撃を展開する。
 そして12分、右CK、天野のキックをニアで松原がヘッドでつなぐと、ファーポスト付近でデゲネクがヘディングシュート。デゲネクの今季初ゴールにより、F・マリノスは4-4と試合をタイに戻した。
 逆転をめざし攻撃の手を緩めないF・マリノス。16分には仲川のクロスに、ヴィエイラがジャンプしてヘディングシュート。これは相手GKがタッチしてCKに。この左CKを中澤がヘッドで合わせ、ボールはワンバウンドでゴールマウスに向かったが、相手のブロックに阻まれる。F・マリノスの流れは続き、22分、飯倉の正確なロングキックが左サイドを走るユン イルロクへ。ユン イルロクのクロスをヴィエイラが合わせたが、GKの両手におさまった。
 30分に反撃された場面はあったが、すぐに攻勢に移るF・マリノス。36分・FK、37分・カウンターから扇原のシュートとペースを渡さない。そして39分に2人目の選手交代で、遠藤が入る。41分にはカウンターを受けたが、山中が走り勝ってクリア、ピンチの芽を摘んだ。
 45分、両軍ベンチは3人目の選手交代を行って勝負をかける。F・マリノスはルヴァンカップで2得点を挙げた伊藤がピッチに送られた。
 アディショナルタイムは4分。F・マリノスは48分に天野のシュートのリバウンドを仲川がダイレクト左足で狙ったが、惜しくも左上に外れた。ゴールの奪い合いとなった激戦は、4-4のままタイムアップ。F・マリノスは勝利にはあと一歩届かなかったものの、今季初めてリーグ戦で複数得点を奪い連敗は「2」でストップした。
この試合のコンテンツ一覧

関連情報

NEXT MATCH
明治安田生命J1リーグ 第10節

AWAY

横浜F・マリノス

HOME

北海道コンサドーレ札幌

2018/04/25(水) 19:00

TV放送予定:DAZN 北海道放送(録)

NEXT MATCH
明治安田生命J1リーグ 第11節

HOME

横浜F・マリノス

AWAY

鹿島アントラーズ

2018/04/28(土) 19:00

年間チケット先行入場 16:30 一般開門 17:00
日産スタジアム

TV放送予定:DAZN NHK BS1